Là bas

普段の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年

今年はどんな一年だったか、と聞かれると少し逡巡する。
大抵年末になると今の状況を聞かれているような気になって、
「節目となる一年でした」とか「変化のある一年でした」なんて言葉が出てきそうなものだけど。

今の会社に務めてもう数年になるけれど、一番つらい一年だったかもしれない。
大好きな上司は部署が変わってしまったし、環境が変わった今の職場は
ただ仕事をこなすだけの面白みのない場所。
前までは新しいことを覚えるのに精いっぱいで、悔しい思いもしたけれど
確かに自分が成長しているという実感があった。
今はどちらかといえば人に教える立場。
私は他人に教えることが上手でないという自覚がある。
自分では分かっているが、言葉にするととりとめがなくなったり
この説明で理解できるはずがないなと思う。
そんな自分に嫌気が差す、ということも別にないけれど
なんだか毎日つまらない。

周りが保守的な人ばかりなのも問題だ。
一つのことに対して、取っ掛かりを掴んだとしても継続しないし
自分の仕事だという感覚が抜けている。
これだから同じ部署にずっといる人は駄目なのだ、と思いはするが
別に私が注意したりはしない。それこそ立場上の仕事ではない。
なのに職場の上司は、気にせずに言えと言う。それはただの無責任なのではないか。
私が言った後にどうなるかも考えていない。想像力の欠如。

そんなこともあり、来年の2月15日付で退職を決めた。
上司には4月まで伸ばせないかと示談されたが、もちろん断った。
私が会社にそこまでする義理がそもそもない。

1月15日に入居する家が決まった。
そこでささやかに、長年お付き合いした人とゆっくり暮らす。
「次の仕事は、」なんて聞く人は、祝いの言葉一つも言えないのかと苦笑すらする。
結局そんな職場なのだ。自分に余裕のない人ばかり。
私は・・・写真を撮ったり、絵を描いたりの生活をしたい。
お金があっても、時間が無ければ好きなことはできないのだ。
職場で得た経験はきっとこれからの生活に生きるだろうし、後悔もしていない。
自分は自分でそんなことを考えて、あとは同居人が仕事へ心置きなく行けるような環境をつくる。
「帰ってくるべき場所」
をつくること。それが来年の目標かな。

・・・2016年はどうだったか、というタイトルで書き始めたのに
もう先のことを考えている。
結局は前へ進むしかないのだ。
後ろを振り返るのは、もう少し経ってからでいい。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rinrin220.blog87.fc2.com/tb.php/702-db187728
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。