Là bas

普段の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーの旅行日記

こんにちは。
7日から有休を消化して、ミャンマーへ旅行してきた。
ヤンゴンへの直行便から、翌日からはパガン周辺とポッパ山にも挑戦。
アジア旅行は何回もしているけれど、こんなに筋肉痛になったのは久々だった。
日頃の運動不足を痛感・・・。

初日は朝6時過ぎの成田エクスプレスで成田空港まで。
免税店で早速煙草を1カートン買ったり、化粧品を買ったりして
こんなんでミャンマーでお土産買えるのか?
と考えていたのはここまで。
現地の物価の安さで後々ぶったまげることになる。

ANAの飛行機は超快適で、映画見たりであっという間に着いた。
時差込みで約8時間ほど。
ヤンゴンと日本の時差は約2時間半。
ヤンゴン市内は結構都会で、日本の中古車やらがガンガン走ってる。
ただ鉄道網が機能していないので、すぐ渋滞になる。

向こうに着いたらすぐに夕飯。
初のミャンマー料理にドキドキしながら行ったけど、
油の量が多いくらいでそこまでトンデモナイ料理が出てくることはなかった。
やはりこの周辺は当たり前のようにパクチーが入っているため
苦手な人は無理だろうね。にんにくの量も多い。
恐らく肉や魚の臭みを取るためだと思われる。

初日のホテルは以前日光ホテルが監修していたため
超キレイで都会的な感じだった。
最初に部屋入った時は、冷房が効き過ぎて凍えるかと。
特にお湯が出ないとかそんなよくあるトラブルもなく、1日目は平和に終了。

翌日は国内便でパガンまで移動。
飛行機の時間が超アバウトな上、説明もよくないまま
いきなり離陸する割とデンジャラスな航空便。
命だいじに。
パガンはこっちでいう京都みたいな感じで、
遺跡、寺院がたーくさん残ってる。主に仏教遺跡。
京都と違うのは、圧倒的ド田舎ってこと。
ビル、そのほか都会的なものは一切ナシ。
というわけで、ヤンゴンと違って渋滞に巻き込まれる必要もない。
というか、道路脇には馬車が通ってる。

一番の目玉は三日目に登ったポッパ山。
777段の階段をひたすらのぼる。
ふくらはぎと太ももが完全に死亡しながらも、何とか登り切る。
途中で猿たちが食べ物ほしさに寄ってくる。

色々旅して思ったのは、現地の人たちは生きる=生活が直結しているということ。
いや、それは当たり前のことなんだけど。
たとえば私が働いている時に、誰のために、とか誰から給料もらってるんだっけ、とか
そういうことを見失いがちになる。
お金を稼ぐことは、日々の生活に欠かせないことで
それは贅沢をすることでもなんでもない、ただ生きるために日銭を稼ぐ。
それがわかりやすくて、働いている人たちはみんな生き生きして見えた。
良い風景を見たな、と単純に思った。そんな旅行。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rinrin220.blog87.fc2.com/tb.php/699-1d459e32
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。