Là bas

普段の日記

パンツ君

今日も残業せざるを得ない仕事量で、
たんまり残してきてしまった。
でも連休なので、ちょっとリフレッシュさせてください。
本当にオープンから突っ走ってきた、つもり。

仕事が終わるとふーっと彼の存在について考えたりします。
みんなは恋の行く末に結婚とか、
まぁめでたいんだけど、その決断ってすごいなと思います。
私は仕事大変だけど、意外にやりがいも感じてたりで、
他人が言うほど辛くはない。
そんな生活の中で彼の存在ってなんだろうと考えたとき、ふとパンツが思い浮かんだ。
毎日当たり前のようにはいてるパンツ。
でも普段はパンツを意識するのなんて、お風呂入るときかトイレ行くときくらい。
そんな感じ。
そこまで意識してないけど、必ずそばにあるもの。
それが彼な気がします。
私はすごーい良い例えだと思ったのに、
彼は苦笑してました。
これからはパンツ君って呼ぼうかな、なんてね。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。