Là bas

普段の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼下がり

民族音楽、ケルトなどの詰め合わせを聞きながら、本を読む。
部屋にはFRANGIPANIの香り。
今までの夏休みの中で、1番落ち着いている「夏休み」かもしれない。
夏休みというと大抵、昼夜逆転してしまって一日の間隔が掴めなくなる。
バイトに出て生活が戻り、また徐々にずれていくということの繰り返しだった。

最近は仕事に出る彼より少し遅れて起き、朝食を作る。
トーストとウィンナーとスクランブルエッグ。
あと、果物を少し。飲み物は牛乳。
そして掃除をする日もあれば、本を読む日もある。
しっかりとメールを確認しながら、今日も頑張っているな、と思いつつ
昼寝はあまりしないようにしている。

先日ゼミの合宿で館山の方へ行き、海や山のトンネルなどを巡った。
たわいもない話からディープな話まで、たっぷりと話し込んだ二日間。
私は特定の友人以外とはあまり関わりを持たない方なので、皆の話を
聞くのがとても楽しかった。
ねえさま!と駆け寄ってくる年下の女の子たちは可愛くて、思わず
微笑んでしまう。そんな子達の悩みを聞くのは、共感できることも多く、
あぁ、女の子だなぁとしみじみ思うのだった。

「ねえさんって本当に大人っぽいですよね、みんなと全然違うっていうか」

そんな言葉を聞きながら、私は苦笑する。子供っぽいところは、
見せないようにしてるだけ。
抱え込むことは、そんなに苦じゃない。思いを巡らせていれば、
いつかは時間が解決してくれることがとても多いから。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。