Là bas

普段の日記

帰宅決意



いつもと同じように、
また今日も過ぎる。
季節の境目は、
新しい風に浮かれる気持ちと、それに覆い被さるような、
憂鬱。


磯子行きの電車に乗ろうと思った。
喧騒をすり抜けるときの感情、そしてその後に押し寄せる、
寒さ。


同じなんじゃないかと思う。
変えてやろうという気概が、
いやだ。


せっかく麻生内閣になったんだ。
時代の流れにのってみたって、
いいじゃない。

腹が減ったら帰るよ、あたしは。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。